ニュース of 株式会社イーアールディー



HOME > ニュース

ニュース

お知らせ

LinkIcon2017年1月

インターネプコンジャパン2017に出展致します。

2017年1月18日〜20日に東京ビッグサイトにて行われるインターネプコンジャパンに出展致します。
チケットをご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

LinkIcon2016年11月

Jastro2016に出展致します。

2016年11月25日〜27日に国立京都国際会館にて行われる日本放射線腫瘍学会に出展致します。
[製品の見どころ]
HEV-600M
放射線治療の位置合わせ時に、金属マーカやX線照射に代わる技術として期待される本装置ですが、追加機能として、呼吸管理利用も可能になりました。

LinkIcon2015年4月

国際医用画像総合展 ITEM 2015に出展致します

2015年4月17日〜19日にパシフィコ横浜にて行われる国際医用画像総合展に出展致します。
チケットをご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

ITEM2015公式サイト

LinkIcon2014年12月

JASTRO 2014に学会展示致します

2014年12月11日〜13日にパシフィコ横浜にて行われる日本放射線腫瘍学会第27回学術大会に出展致します。

Jastro 2014

LinkIcon2014年3月31日

国際医用画像総合展 ITEM 2014に出展致します

来たる4月11日〜13日に開催される「国際医用画像総合展 ITEM 2014」(場所:パシフィコ横浜)に医療用3Dスキャナを展示致します。
ご希望の方に招待券をお送りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ITEM公式サイトはこちら↓
http://www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/ITEM2014_41054

LinkIcon2013年11月20日

山陽新聞にて弊社が紹介されました

11月20日付け山陽新聞の朝刊にて弊社を取り上げていただきました。内容は世間でも話題の3Dスキャナが中心となっております。弊社は国内メーカーとしては唯一、医療機器承認を受けた3Dスキャナを製造しており、放射線治療や形成外科、口腔外科、脳外科などの分野でご活用いただいております。
また、第1種 医療機器製造販売業も取得し、医療器の受託製造もお受けしておりますので、こちらもお気軽にお問い合わせください。

↓Web新聞リンク
山陽新聞 岡山医療ガイド
山陽新聞 WebNews

↓クリックすると拡大表示されます
山陽新聞20131120.jpg

LinkIcon2013年5月24日

NEDO「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択されました

弊社の「三次元位置決め支援装置に対する高速化技術の実用化開発」が、NEDOの「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択されました。
弊社の「HEV-600M」の開発も、元々はやはりNEDOの支援をいただき開発した装置であり、現在は薬事承認も受け、医療現場で活躍しております。
今回の支援は、この「HEV-600M」の更なる性能向上に関わる継続事業であり、より現場のニーズに合った装置づくりを目指すことになります。

LinkIcon2013年1月23日

ITEM2013 国際医用画像総合展 出展のお知らせ

2013年4月12日〜14日にパシフィコ横浜にて行われるITEM2013 国際医用画像総合展にて、弊社医療用三次元スキャナ、ボクセランを展示します。
また、弊社は第一種医療機器製造販売業を所持しておりますので、医療器製造委託、コンサルタント等のご相談も承けたまわっております。

[展示予定製品]
放射線治療位置合せ用スキャナ、頭部計測用スキャナ、肌表面計測用スキャナ

ITEM 2013

LinkIcon2012年12月1日

国際画像機器展2012 第22回三次元工学シンポジウム 講演のお知らせ

2012年12月6日にパシフィコ横浜にて行われる国際画像機器展の第22回三次元工学シンポジウムにて、山本浩隆が「三次元計測技術の医療への応用」と題して、講演を行います。

[製品の見どころ]
国内で初めて医療機器として三次元計測装置を製造したERDが、放射線治療の位置合わせに使われる弊社装置「HEV-600M」の説明を通して、医療装置開発における注意点・留意点なども、わかりやすくご説明致します。

国際画像機器展 2012


LinkIcon2012年11月30日

SEMICON 2012 出展のお知らせ

2012年12月5日〜7日に幕張メッセにて行われるSEMICON Japan 2012に出展致します。

[製品の見どころ]
MODEL ATD-3610F
ディスクリート半導体製造工程でDC特性を高速・高精度で検査判定します。独立した4計測部を持ち、各々が自動測定・合否判定・分類することが出来、同時に測定データ保存・印字が可能です。 また上位系との通信機能を有し、サーバPC/CIMを導入して測定プログラム一元化、品質管理、保存データによるトレースバックを可能にしたテストシステムです。

SEMICON Japan 2012

LinkIcon2012年11月18日

JASTRO 2012 学会展示のお知らせ

2012年11月23日〜25日に東京国際フォーラムにて行われる日本放射線腫瘍学会第25回学術大会に出展致します。

[製品の見どころ]
HEV-600M
放射線治療の位置合わせ時に、金属マーカやX線照射に代わる技術として期待される装置です。
レーザースキャナを使用し、体表面の形状を正確かつ高速に計測し、体内のがん細胞との位置関係を算出します。

JASTRO 2012